半袖BDシャツ&半袖プルオーバーBDシャツ、納品日決定!

サイズによっては在庫がなくなっていた半袖BDシャツ&半袖プルオーバーBDシャツ。

今日の夕方、工場から連絡があり、16日か17日に届くとのこと。ほっとした。

Photo

Photo_2

スタートした頃には入手困難だったシアサッカーも、トラッド再注目の流れのおかげで、入手しやすくなってきている。

秋冬のジャケット素材は、まだまだだが……。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

半袖BDシャツ&半袖プルオーバーBDシャツ、追加発注商品納品間近!!

どうなるのかなあ?と思っていた。東北だしなあ、と心配していた。中国から日本へ、ファッションの生産が帰ってきているしなあ、と喜びながら気を揉んでいた。

「6月初めにはなんとか……」との連絡に胸を撫で下ろした。が、在庫はどんどんなくなっていく……。そして、6月初めには納品がなかった。一人のお客さんに迷惑をかけてしまった。

だが、2週間後の納品がほぼ決定!ひと安心したが、今度は天気が気になって……。

Photo

Photo_2

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャケットを脱いでも、半袖ボタンダウンシャツなら……。

襟元が締まって見えるせいか、半袖にネクタイであっても、ボタンダウンシャツなら様になるような気がする。ただし、ネクタイの締め方は、プレーン・ノットのシングル・ノットかダブル・ノットが望ましい。ウィンザー・ノットはボタンダウンシャツには似合わない。と、僕は思う。プレーン・ノットが心許ないと思う場合は、ちょっとキツめに締めるといいだろう。

僕はネクタイ幅が狭い時はダブル・ノットで、通常はシングル・ノットにしている。

Photo_3   

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半袖ボタンダウンシャツで、ジャケットを着る。

スーパー・クールビズだ!とはいっても、礼儀を失するような服装は避けたいもの。海外からの客人をノータイで迎えている日本の政治家を見ると、玄関のチャイムの音にステテコ姿で出ていくオヤジを連想してしまうのは、僕だけだろうか。

アイビーリーグの学生たちが定着させたボタンダウンシャツも、彼らがウォールストリートや政界で活躍を始めるまでは、正統派のビジネスウェアとは認められていなかったくらいだ。自分の都合だけではなく、相手のことも考えるのが、コーディネーションの基本のはず。

半袖ボタンダウンシャツ姿でオフィスで仕事をしていても、来客があったら、ネクタイとジャケットで迎えたいものだ。夏には、麻や麻混のジャケットを事務所に置いておく、というのもいいかもしれない。

一昨年の夏、友人の結婚披露パーディに出席する際、半袖ボタンダウンシャツにネクタイ、麻混のジャケットで出かけた。移動中は、ジャケットは持ち歩いた。

Photo_2

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタンダウンシャツの着こなし…石津謙介さんに見た真髄

VAN倒産2年後くらいの初夏。「ちょっと手伝ってもらいたいことがあるんだが……」と石津さんから突然電話が入った。もちろん、ノーはない。すぐに青山の事務所に駆けつけた。

石津さんは、エンブレム付きの紺ブレ姿でソファに座っていた。ピンストライプのボタンダウンシャツにイエローのタイだったと思う。向かいに腰を下ろすと、袖口から出ているシャツの袖先が気になった。皺皺なのは構わない。むしろその風合いが素材の良さを感じさせるくらいだ。しかし、ポロポロとほつれている。お話を聞きながらも、ふと目が行ってしまう。

「袖口ほつれてるのが気になる?ダメだなあ、まだ、君も。これ、海島綿だぞ。いい素材のものは、袖口はほつれてもいいんだ。かえって、カッコ良く見えないか?これ、20年着てるんだ」

なるほどな?!と、改めて思った。“愛着の品”とはこういうものだ、と思った。「そろそろ誰かに譲ってもいいな、と思われませんか?」と、ちょっとねだってみた。駄目だった。

ディテールにはこだわった60sFACTORYのボタンダウンシャツだが、本当にこだわるなら素材まで徹底してみたいところだ。……叶わぬ夢だが……。

Photo

Photo_2

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半袖BDシャツ、半袖プルオーバーBDシャツ、やっと生産開始か!?

いくつかの障壁があった。国内生産への回帰による、工場の受注増。素材手配の難しさ。震災の影響。そして何よりも、小ロット過ぎる生産量。

どうしたものか、在庫は数少なくなっていくし……。と困っていたところ、「作ってあげようじゃないか」という声が届いてきた。他ならぬウィンスロップの先代社長からだ。有り難い!納期は遅くなったっていい!……というわけで、お願いすることにした。今夜のビールはおいしそうだ~~~~~~!

1

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章連載中!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッション生産の国内回帰が始まったというのに……。

東北には、昔からファッションの工場が多い。60sFACTORYがお世話になっている工場も、東北である。まさに被災地だ。

追加生産をお願いしていた商品の一部は、震災前に既に断られていた。工場に空きができないということだった。困るがうれしいことだ、と思っていた。そして、一部は諦めようか、と思っていた矢先の震災。すべてを諦めることになるかもしれない。

折角、中国から国内へ、生産拠点が逆流していたというのに……。残念でならない……。

Photo

本格的なボタンダウンシャツをきちんと作ることができる工場は、そう多くはない。

困るが、今はただ復興・フル稼働の復帰を待つのみ……。

                        60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章スタート!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シアサッカー、半袖プルオーバーBDシャツ、追加生産中!

爽やかさが際立つシアサッカー。初夏から始まる半袖プルオーバーBDシャツのオーダーに備えて、サックスとピンクの追加生産を行っている。

Photo

国内の縫製工場にまた活気が戻りつつあるのはとてもうれしいことだが、ちょっとできた隙間に生産してもらえるはず……。できあがってくるのが楽しみだ。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第三章近日スタート!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ワンウォッシュ・ライトプレス”という包装形態

昨年末、追加生産したBDシャツが届いた。1月中旬過ぎ、開けてみて驚いた。すべての商品が、皺が付いたまま包装されているのだ。

かつて、VANが始めた包装の仕方で、“プレス包装”というのがあった。VANブランドのボタンダウンシャツに限って、ペタンコにして包装するというもの。中・高生のカジュアル・シャツとして定着していたので、しっかりプレスして立ち襟でポリエチレンの袋に収める、という従来の包装を止め、包装もカジュアル仕様にしたものだった。VANの側には、輸送効率・保管効率がアップする、という理由もあった。

Photo

確かに、ボタンダウンシャツのいいところは、ノン・プレスでネクタイをしても様になるというところ。IVYリーグの学生たちが愛用した理由も、そのイージー・ケアなところにあったと言われている。

しかし!しかし、である。60sFACTORYは、大人のための正統派IVYを標榜している。今や70%程度は“ワンウォッシュ・ライトプレス”で納品されているとはいえ、それは若い人のカジュアルウェアとしてのボタンダウンシャツ……。というわけで、納品された商品を返送し、再プレスしていただくことにした。

もちろん、快く引き受けていただけたのだった。ああ、驚いた~~~。

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

第二章連載中!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPOシャツ、在庫切れ補充!

この時季、重宝するのがCPOシャツ。ライトメルトンの一重仕立てだから、軽い。少々の寒さにも対応可能なアイテムだ。アメリカ海軍のChiefPetty Officer(兵曹長)が艦上で着用していたものを再現したもの。…………。

ところが、Mサイズのみ在庫切れをしてしまい、わざわざご注文いただいた方にご迷惑をおかけしてしまった。急遽、Mサイズのみを少量作ったのだが、心配だったのが納期だった。それが、今日到着!年内でよかった~~~。長袖BDシャツのイエローの、在庫切れしていたサイズも年内に届くとの連絡あり。よかった~~~。

これでやっと、長袖BDシャツ、半袖BDシャツの新素材の検討に本格的に入れるというものだ。

Photo

昨年は、マフラーを巻いて、CPOシャツを真冬まで着てしまった。ちょっとマフラーを巻き過ぎたが……。

第一章終了!第二章スタート!新ブログ“昭和少年漂流記” 

(月曜日&金曜日に更新予定)

60sFACTORYプロデューサーKakky(柿本)

60sFACTORYプロデューサー日記は、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«納期が遅いことがうれしい!という矛盾